cotorism. うちの文鳥・ハクとサクと、ときどき どうでもいいハナシ。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

はま煎茶

Author:はま煎茶
・白文鳥 ハク♀。
・桜文鳥 サク♂。
この初夏('17)で
ハクはなんと11歳を迎えました*
ケンカの相手がいなくなりちょっぴり寂しいですが、たまに煎茶を突いて憂さをはらしてます。
すっかり縁側の日向ぼっこが似合う文鳥です。

サクは 2016.8.21 に 天使文鳥になりました。
10歳3ヶ月でした。
かわいがってくださった方々ありがとうございました。

・世話人 煎茶♀。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ことりリンク
FC2カウンター
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後編のバタフ・・☆


やっぱり少し触れておきます☆ 
今回も文鳥は出てきませんのでご注意を!297
(手短にいきたいとこですが、ムリでした!)



いやはや、ドラマの内容はともかくとして見終わった後に感じたことは、

「初インドは若いうちに行っとけよ~233!」

でした!ドラマ内容で言うと主人公の気持ちもよく分かるんだけど、今の自分からすればどちらかというと、中谷美○の方に感情移入しやすくなっていたことを発見・・・昨日のウキウキした気分はどこに行ったというのだろう…うん、間違いない、間違いなく確実に私は年をとったのだ、と感じました・・。

ひとつ私の思い出を・・

私が初めて訪れたインドの旅で、バラナシにてフランス人のおじいちゃんが一人旅をしていました。身にまとってる服は、インド人のおっさんがよく着ているようなラフな、でも真っ白な服装で、その風貌はとってもキュートかつかっこいいフランス人おじいちゃんに映りました。

友人と二人旅をしてた私は、そのフランス人おじいちゃんとしばし一緒に歩いたりゴハンを食べたり、インドの処世術を態度で教わったり、と楽しいひとときを過ごしていたのです。
話によるとそのおじいちゃん、若かりし頃(もしかしてヒッピーだったのかな?)、このインドを旅していて再びこの年になって昔を思い出しまた旅をしたくなり、懐かしみながらインドの土地を歩いているのだそう。

このうだるようなインド人の中にいて、なんとも優雅に旅してる風に見えました。反対に、着たばかりの私たちでしたが、インド人のしつこさにゼェゼェ言ってた頃なので、この各地でたまに見かけた(旅ルートが一緒だったんですね)このフランス人にしては少し小柄、でもキュート、でもたくましいおじいちゃんを、リスペクトのまなざしで友人と見つめていたのでした☆

私もおばあちゃんになったら、また同じ友人と…行けるかしら。78282


少しドラマに触れときます。
昨日も書きましたが、やはり後編ドラマも大きく外れて決して大げさでないインドが描かれていました。あのホーリーというインドのでっかいお祭りも、本当にあんな感じなのです。

私も偶然ですが、長澤○さみと同じ「阿佐ヶ谷世田谷ブッダガヤ~♪」(←分からない方はムシしてくださいね☆)のブッダガヤで迎えました。余談ですが、私はあのインド人のオヤジギャグ、けっこう好きです…

ホーリー祭りの時の当時の写真は手元にないのですが、みんな色まみれになります。あの色水で汚れた服は、何度も洗濯していたらだんだんキレイになっていきます、しばらくは落ちませんでしたが・・(ドラマでは「落ちない~」とボヤいてましたけど)

この『ホーリー祭り』、地域によってはとんでもなくブッ飛んだお祭りらしく、観光地であり且つ聖地であるバラナシでは、観光客は外に出るな、女は出るな、というお触れが出たりするそうです。(未確認のまま、今に至ります)

観光客からすれば、気分的に「インドに着たからにはお祭り見たいじゃん!」などと思うのが普通だと思いますが、そのへんインドを侮っていては、生きて祖国に帰れるか分からないほど、激しいお祭りなのだとか…

私もいろ~んな人からいろ~んな話をきいたので(恐ろしい話からにわかに信じがたい話も含め)、その話が今もそうなのか違うのか、ああなのかこうなのか分かりません。
が、とにかくこのドラマの中で出てきたブッダガヤでは、本当に平和で静かなお祭り・・らしいです。(初めての私には充分激しかったです ;^3^)


さて、長文読解もしんどので、キレイめな写真を載せてみます!



20071006213832.jpg



夜のバラナシ、このとき満月でした!(おそらく)
写真でこのときの空気をお伝えしきれないのが残念ですが、
この月の美しさに全身あわ立つ思いでした。



20071006213859.jpg



その夜のボートから見たガート(みんなが沐浴する方の岸のこと)。
向こうに写ってるのはおそらく火葬場あたりだったと・・・。
ええ、私も見に行きましたよ!一度は(好奇心が勝ちまして…)。



20071006220225.jpg



太陽に向かってお祈りを捧げています。なんとも美しい光景です。
私は写真に夢中になりすぎ、牛のおしっこの水溜りに足をつっこんでしまい、
その後は非常にかゆかったです!黄色い水溜りには要注意です!



20071006220313.jpg



このオジサン達も朝の歯磨き中です♪



20071006220237.jpg



みんな役者魂ありありです!頼んでもないのにこのポーズ!



20071007000013.jpg



とりあえず子供は裸ん坊にされます。(うんちの関係でね仕方なく)
あ、この水道では子供のウンチの付いたお尻も洗いますが、
左に写っている私たちが食べたゴハンの食器も洗います。
その手でナンもこねたりしてくれます・・・・・



20071007000233.jpg



この子も今はもう年頃の少年になったんだろうな~。
見せてやりたい、この写真・・






はい、そんなわけで私の描かずにいられなかった「インド・旅のこと」
終わります。長澤まさみのガンジス・バタフライは見事でした!さすがに目は開けられなかったようで、ぎゅぎゅっと目をつむったまま、まっ茶色のガンジスで泳いでました。・・・なんだか何が言いたかったのか分からない記事に
ここまで付いてきてくださった方!

本当にありがとうございます☆ おつきあいいただき感謝です!

インドに行く決心がついた人はひと声おかけくださいませ。
はま煎茶が全力で心の中で応援いたします!!82

そして、ちゃちゃ~と写真を撮って、さくさく~とプリントして・・212




(完)




ブログランキング・にほんブログ村へ

C

omment

バタフライ☆
私の憧れインド旅がここぞとばかりに書かれていて楽しかったです☆
見ましたとも!ガンジス川でバタフライ!!
「まさみよ一人で行くか!?」と見てるこっちがひやひや。
あの突っ走りは私もないかも・・。いつの間にやら旅慎重派に転進ですわ。
あー印度・・インド。行きたい・・。
ほとんど脚色されてると思っていたからホテルはビックリ。現地でホテルをお願いするのですね。んーずーっとドキドキしっぱなしそうだ。
色々勉強になりました!
でも20代には行っておきたい。インド旅行

つっち URL | 2007/10/09 23:53 [ 編集 ]

つっちさん☆

そうだよー、ホテルは現地で見つけた方がいいかも。
間違っても予約なんてしていったら、まさみのようになるのは目に見えてるので損かもね^^;
ヤモリも出ます。(と思っといた方がいいです。)
でも、長澤まさみが顔に本物の(だったよね?動いてたもんね・・)ヤモリを
乗せてたのにはびっくりしたよ・・エライなぁ、根性違うなぁと感心しました。

そうね、20代のうちに行くことをオススメします!
そのときは・・つっちさんの無事をめっちゃお祈りするからね!!v-30

はま煎茶 URL | 2007/10/10 19:38 [ 編集 ]


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。