cotorism. うちの文鳥・ハクとサクと、ときどき どうでもいいハナシ。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

はま煎茶

Author:はま煎茶
・白文鳥 ハク♀。
・桜文鳥 サク♂。
この初夏('16)で
なんと10歳を迎えました*
ケンカはそこそこ、遠慮がちに。
すっかり縁側の日向ぼっこが似合う文鳥です。

サクはこの夏、天使文鳥になりました。
10歳3ヶ月でした。
かわいがってくださった方々ありがとうございました。

・世話人 煎茶♀。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ことりリンク
FC2カウンター
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンジス河でバタフ・・☆


いやはや、「さすが!」と思いました、クドカン脚本!
あ、今回『旅のこと』です。文鳥は出てきませんのでご注意を。
(長いです!)



クドカンが一週間の滞在で話のイメージを作り、インドのエッセンスがこの1時間の中にぎゅぎゅぎゅ~!っとまとまっていました!観られた方いますでしょうか?ドラマ「ガンジス河でバタフライ」。今日は前半、明日また後半がございます。
長澤まさみ、エライぞ!見直した!明日放送の「河へのダイブ」が楽しみです!

原作本を読んでないのでナンなんですが、インドに初めて行った日本人は
だいたいが同じような経験をするのではないでしょうか。
ドラマも多少の色付けはありましたが、決して大きく外れていない、いやむしろその通りその通り!みたいなインド人達とのふれあい・・

ドラマを観られた方で、インドにまだ足を踏み入れたことのない方、
このドラマで主人公が体験していることは、大げさではないことを付け加えたい!

・空港ではあんな感じです、マジです。( ̄□ ̄;)!!
・ホテルまでの道のりもあんな感じです、マジです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)
・どんなに気をつけていようが、希望のホテルにたどり着くのは至難です、
 マジです。( ゚∀゚;
・生きているのが精一杯の思いで、インドは私たち日本人を迎えてくれます、
 しょっぱなから疲れます、マジです~。ハァ…(´Д`)
 
 (ツアーだとどんなだか分かりませんが、個人旅行を前提で書いてます)


ただ一点、驚いたことがあります!
「携帯電話が日本と通じるのかぁー!すっげー!」・・・と。
私は1週間に一度、実家に自分の消息を伝えるため電話ボックスチェックは
かかせませんでした!なのに・・あんなトイレにこもってても今は電波が届くんですねぇ・・(時代の流れは早いものです、7年も経つとねぇ。)
なんだかものすごく、カルチャーショックでした…。
あ、あと同じ日本人にだまされちゃってたことも…。(現地人に騙されても仕方ナイというか。騙されたんだか、おせっかいされたんだか、もうワケ分からないというか・・まぁそんな感じで。)


そういう訳でいろいろあるのがインドですが、そろそろその時の私の写真でも。。
現地インド映画の撮影風景です☆



20071006003921.jpg

(撮影クルーと、ヤジで人がいっぱい。)


20071006003908.jpg

(なんとインド映画撮影だ!!ボートの上でみんな激しめに踊り狂ってた。)
(母なる、ガンガーだ。)



ふふふ、写真にマジックで殴り書きしているキタナイ文字はどうぞ!
どうぞ、お気になさらずに…(モチロン油性マジックです!)

インドは映画が日頃からたぁーっくさん!作られている国なのは有名ですね。
この前テレビで、世界で一番映画館の多い国だと言ってました。(納得です)

私がいたこの時も、ちょうどインド人クルー達が撮影のためガンバっていました☆
地元のインド人は、大人から子供から、もう興奮しまくり「シューティングだよ!シューティング~♪♪♪」と撮影カメラの周りを取り囲んでいました。
(『シューティング』とは『撮影』の意だと思われます。)

みんなホントに映画が好きなのだな~、とこんなに喜んでる大の大人のインド人たちを見てる方がおもしろかったです☆「みんな仕事は?」と最初は思いましたが、そんなことお構いなしなのです。そういうこと言うと「ヤボな女め」と思われるのがオチでしょう、インドに赴かれる際には充分お気をつけ下さいませ。



20071005230609.jpg 

(これも!!映画撮影中!うしろのニセサドゥがしらじらしいぞ。)


20071005230624.jpg

(ギャラリーもりだくさん!何の映画だろう?気になる!!)



えっと、私の当時のコメントが油性マジックで遠慮なく書きなぐられております。併せてご参考くださいませ。

ただでさえ、こんなにスグ人がわんさか寄ってくるのに、さぞかしドラマの撮影はたいへんだったのだろうな~、と思いました。昨日メイキングをしていて、クドカンが原作者とインドに訪れていました。約一週間の滞在のなかで、彼はものすごく的を得たことを言っておられました。

「インドはオモシロイ。でも楽しくはない。」

名言です!楽しいと感じるのは日本に帰ってからなのかもしれない、、インドにはまる人、2度と行くもんかと思う人の境目はここなのかもしれない、、。そう、インドは非常に疲れるのです。でもまた行きたくなる、そんな魅力的なとこなのです。



20071006003847.jpg

(”洗タクを、今日も誰かがガンジスで。”)



ドラマではカーストの話も少し出てきました。
この『カースト制度』という言葉自体、外国人が使い始めた言葉だと何かで読んだことがあります。この理解しがたいインドの社会に名前をつけることによって、理解した気分になれるのかもしれません。私もいまだによく分かりません。本当に理解するのは、私たち日本人の感覚だとなかなか難しいと思います。

聞いた話で、極端な話かもしれませんが「ドロボーのカーストはドロボー」「乞食のカーストは乞食」なのだと。うむむむ(゚Д゚ )ハァ?…なんじゃそりゃ、、です。


ま、難しいハナシはやめて、インドといえば「牛」!
でも牛の写真がなかったので(実家にあります・・)、コチラ!



20071006000509.jpg



インドのワンちゃんです~!
中にインドのおっさんが入っているもようです!(ウソ)
こうしたオモシロおかしな動物がわんさといました。震えて(おかしくて)、写真を撮るのが困難な状況に陥ります。おもしろ動物写真を撮りたい方、是非インドへ!多くの牛さん犬さんヤギさんたちが出迎えてくれるでしょう!目移りすることまちがいアリマセン。。。f(゚Д゚≡゚Д゚) 



   20071005231025.jpg 20071006022941.jpg



これ、一応神様だと…フザけているとしか思えません。。
お寺(?)かどっかの塀にペインティングされていました・・・
ヒンズー教はヘンな神様がたくさんいて、明るくて楽しい宗教かも!



20071006002005.jpg

(ババはなぜチャイを作ってんの?ババって何?修行は?)



えへへ、記念に一緒に撮ってもらいました!(期限切れの「写ルンです」です)
「ババ」というのはサドゥのことだと思っていいと思います。その辺の言い方はなんだかよく分からないまま今に至ります。分からないついでになんで、その修行をしているサドゥがなぜチャイショップやってんのかも、よく分かりませんでした。が、先にも書きましたが、それを問いただすのは「野暮」なことであり、もし理由を求めるのならば、要は「なりゆき」任せぐらいなコトなのかもしれません。

そんな思い出深いインド。
ドラマを観てたら(というかメイキングを観てたら)、また行きたくなりました!
やはり1ヶ月くらいがいいかなぁ。( (´∀`*)←ちょっと夢見ちゃいました…)



ここまでお付き合いいただいた方、どうもありがとうございました~!!

明日、後半が放映されます。もしかしたらまた・・・このような記事掲載をするかもしれませんが、しないかもしれません。文鳥ファンの方には興味ないかもしれませんが、やめられないのが「旅のこと」なのです~!

最後に「朝の歯磨きをするインド人!」で終わります。。



20071005230740.jpg

「ガンジス河でブラッシング!」


(完)


 


ブログランキング・にほんブログ村へ

C

omment

いや~
おもしろかったです。とっても。
私の友人も、個人旅行でインドに行ったとき
散々な目にあったらしいです。。
ちょっと、怖いもの見たさで行ってみたいような、行きたくないような。。

あの犬、結構衝撃的でしたw
ところ変われば犬変わる、みたいな。。

ちゃんこ URL | 2007/10/06 03:28 [ 編集 ]

ちゃんこさん☆
コメありがとうございます!
見ましたか?ドラマ。
本当、あのような衝撃的な国は他になかなかナイと思います。

>散々な目・・・
散々な思いをしなかった人の方が少ないんじゃないかと思いますよ!
タイミングが合えば一度考えてみては?(ゼヒに!とは言えませんが^^;)

犬も牛も、中にオッサン入ってるようでしたよ☆

はま煎茶 URL | 2007/10/06 18:49 [ 編集 ]

あのワンちゃんは…
あのワンちゃんは、中にインドのおっさんが入っているんじゃなくて、犬顔のおっさんですよ、きっと。
そうとしか思えないほど、おっさん座りしてます(爆)!

冗談はさておき、ワタシの知人の友人は、インドに旅行に行って、その魅力(?)にはまって住み着いてしまい、帰ってこなかったそうです。
インドって、そんな土地なんでしょうね。

Chiara URL | 2007/10/06 21:09 [ 編集 ]

Chiaraさん☆

コメントありがとうございますー!
文鳥意外での記事もお読みいただいて、文鳥目的で
訪問された方には少しばかり申し訳なく思ったりしています・・

「おっさん犬」すごいでしょ?
でもあんなのが、そこここにダラ~っとした態度でいるのですよ!

Chiaraさんの知人の友人さんは住み着きましたか…
それもいいと思います!(ヤケ?)
私や私の直接の友人は「帰国した派」ですが、
「帰国しない派」な日本人の方もけっこういらっしゃいました。
気持ちはわかりますけどねー、でも味噌汁の味をガマンするのは
私には出来ないことでした。(日本食は美味いですしね)

いろんな広い意味でインドはカラフルなとこですよ♪

はま煎茶 URL | 2007/10/07 02:21 [ 編集 ]


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。