cotorism. うちの文鳥・ハクとサクと、ときどき どうでもいいハナシ。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

はま煎茶

Author:はま煎茶
・白文鳥 ハク♀。
・桜文鳥 サク♂。
この初夏('17)で
ハクはなんと11歳を迎えました*
ケンカの相手がいなくなりちょっぴり寂しいですが、たまに煎茶を突いて憂さをはらしてます。
すっかり縁側の日向ぼっこが似合う文鳥です。

サクは 2016.8.21 に 天使文鳥になりました。
10歳3ヶ月でした。
かわいがってくださった方々ありがとうございました。

・世話人 煎茶♀。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ことりリンク
FC2カウンター
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハクの裏の顔。

PC310125_mark.jpg


こんなに愛くるしいハクですが、実はもう一面すごい顔を持った女子文鳥です。

ハク(女子白文鳥)とサク(男子桜文鳥)は、
同じお店の同じケースの中にいたヒナ文鳥でした。
この桜ヒナ・サクは、元気が良すぎて、買うときに羽を切られたにもかかわらず、
我が家に来てからもやりたい放題で、たびたび私に叱られる生活を送っていました。

一方のハクは、そんな自分勝手し放題のサクを横目に、凛として堂々としたその姿が
人間の目にも、小鳥ながら立派に映りました。
しかし、いつもいつも一緒のハクとサク。
サクはハクが何も言わないのをいいことに、ハクを突付きまくって遊んでいたのです。

あまりのひどさに危機を感じた私は、そのたびにサクをしかり、
別のカゴを用意し、いろいろ試行錯誤の毎日を送っていました。

そんな私の心配をハクは分かっていたのか、ある日なんと、
ハクがサクに猛反撃し始めたのです。

「えぇぇ・・・!?   ビックリしたぁ・・・!!  なにその動き・・・?」

その逆襲の姿は、「こんなかわゆいハクがまさかっ!」 という感じの、
まるで、『コブラ』。

そう、蛇のコブラ。

インド人が蛇使いで見せる、あの蛇の動き・・・。
文鳥で見られるなんて、予想もしなかった・・・。

それを今では毎日のようにサクに向かってやっています。
威嚇しまくりです。女子は強いな。

でも、かわいさには変わりなく、溺愛の日々を過ごしてます。(一方的に私が)。

最近ちょっと大人の色気も見せてきました。
この春あたりに、サクとペアになってくれたらいいなぁ~。



20061229132905.jpg



おまけ。

今、こんな風にくっついて寝ることは、
どんなに寒かろうと、ありません・・・。


C

omment

うん、うん。
かごかわいいですねぇv-238
ポストカードみたい☆
(笑)どれだけ威嚇していても、かわいいのに変わりがない。っていうの分かります。
やっぱりかわいいのはなぜかかわいいんですよねーーv-254

つっち URL | 2007/01/14 10:49 [ 編集 ]


つっちさん。

コメントありがとうー☆
カゴもかわいいでしょ? 
文鳥を飼う前に、リサイクルショップで安く手に入れました。
ポストカード、rainrootsさんに置かせてもらってます。

はま煎茶 URL | 2007/01/16 14:20 [ 編集 ]


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。