cotorism. うちの文鳥・ハクとサクと、ときどき どうでもいいハナシ。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

はま煎茶

Author:はま煎茶
・白文鳥 ハク♀。
・桜文鳥 サク♂。
この初夏('17)で
ハクはなんと11歳を迎えました*
ケンカの相手がいなくなりちょっぴり寂しいですが、たまに煎茶を突いて憂さをはらしてます。
すっかり縁側の日向ぼっこが似合う文鳥です。

サクは 2016.8.22 に 天使文鳥になりました。
10歳3ヶ月でした。
かわいがってくださった方々ありがとうございました。

・世話人 煎茶♀。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ことりリンク
FC2カウンター
月別アーカイブ

腰痛とヨガ。

            

ちょっとここいらで、
腰痛/体調不良とその改善について
記録していきたいと思います。


            

文鳥は出てきませんのであしからずです。  

ヨガ(ヨーガ)を始めて2年と少しが経ちました。

ヨガを始めたからといって、すぐに腰痛に効いたわけではないのですが
ヨガをしていなければ、いまごろどうなっていただろうとも思います。

ヨガと言うといろんなイメージがあると思います。
パワーヨガ、ホットヨガ、なんとかヨガ。
近年日本などで流行ったものの中には、
アメリカとかどっかよそのお国を経由して日本に渡ってきた、
本来インドのヨーガのそれとは意味も効果も違うものも多いのではないでしょうか。
なによりインド哲学のかけらも入ってない、そんな感じだと思います。

本場のヨーガであっても、いろいろと流派?のようなものがあるようで
習っていてもわたしもよく分かりません、さすが歴史の長い国発祥!

      

私が習っているのは呼吸法を重視したシンプルなヨガ。
腰がいたい私でもできます。というか、できないポーズはやりませんし
できる範囲の動きで呼吸をしていきます。
まず、ヨガはポーズをとるのが目的ではないと言います。

そしてわたしはこの「呼吸」というものを、これまで軽視してきたな~と。


はじめてヨガのクラスに参加した時のこと、
まず、足を伸ばして座れない・・(長座ができない)
目を閉じることができない・・(無意識に目を開けてしまう)

なにより呼吸が胸に、体に入ってこない・・

あれれ??

それまで呼吸って 無意識にするものだと思ってましたから、
意識を向けてみると、うまく呼吸できてないことに気づいたのです。

その呼吸というのは

プラーナ」を体に取り入れ、
体の中のいらないものを吐く息と一緒に出す。


プラーナを体の隅々に取り入れながら、
私の場合だととくに「腰」「内臓」に行き渡るようにイメージしてます。
体の調子のわるい場所にプラーナを届け、わるいもの余計なものを吐き出す。
そうやって自分の体の中を観察していくのです。

ポーズは木になったり三日月になったり、
そして死体になったりします。(死体のポーズ、サバーシャナと言います)

一見、寝てるだけのようなこのポーズが実は一番むずかしい。

と、私の大好きなインド本の著書の方も言ってます。
わたしのヨガの先生も、生徒さんがほんとに寝てしまわないように、
というようなことをおっしゃってました。(私も何度か寝てしまったことがあります
こうやって月に2回、2時間ヨガをしています。
デトックス効果はバッチリで、その実感は
最後の方になるとトイレにものすごく行きたくなります!



家でやるときは、
わたしなどは どうしても意識が散漫してしまうので
腰痛にもいい動きを呼吸に合わせてやるという、体操っぽいもの。
プラーナを体の隅々に届けるのは、なかなかできてないかも~
ま、そんなものです。


月に2回、教室に通ってますが
はじめは疲れてしまって、自分の体力の低下ぶりにビックリ。。
知らないうちに、思ってた以上に心身が疲れ果てていたようです。
体がいうことをきかない日は休んだりもしましたが、
間があいても、また始め、またあいてもまた始める。

とにかく続けました。
で、2年以上続いてます。

いまでは外出中に腰が痛くなると、立ったままこの呼吸法を試します。
電車のホームのすみで、静かに目をつむり鼻からプラーナを取り入れ
腰の痛みを大地に戻す。。

で、軽い痛みなどはキレイに引いて行くのですよ~
なので、しょっちゅうやってます。


      

この前テレビで、
脳科学者でお馴染みの茂木健一郎さんがこういうおハナシをしてました。

脳の中に腫瘍ができた少年がいました。
その腫瘍は手術することのむずかしい場所にあります。
放射線治療とは別に臨床心理学に基づいて、ある治療を行いました。
それは少年が紙に、自分の腫瘍とそれをやっつける(食べるだったかな?)
イラストを描いていくもの。
一年後、少年の脳はキレイに完治。


ラットの実験でも、その脳の活動を映像として捉えられていました。

私のだいすきなインド本を書いた著書の方もこう言っています。

「体の中には自家用の薬がたっぷりと蓄えられていて
 インシュリンもアドレナリンも投与しなくても体の中にあるもの、
 その使い方を知らないでいるだけのことなのだ」

私が腰痛を呼吸法で和らげていることも、科学で実証された気分♪

科学がやっとヨーガに近づいた、そんな感じでしょうか。

ほんとは毎朝瞑想したり、が理想だけど
たまーに気が向いたときだけハクサクと一緒に瞑想して呼吸をしてます。
あ、ハクサクは私の手の平の上で寝ているのですが。


      

もしこれからヨガを始めてみようかと思ってる方で
他に疾患を抱えてらっしゃれば、医師に相談することをおすすめします。
合わない人もいるそうなので。。
(あ、あとへんな宗教団体にも引っかからないように・・・)

教室を探したり通ったりするの、めんどいわ~という方にはコチラ、
私の愛読書をご紹介します♪


秘伝マルマ ツボ刺激ヨーガ (講談社プラスアルファ文庫)秘伝マルマ ツボ刺激ヨーガ (講談社プラスアルファ文庫)
(2004/06/18)
伊藤 武

商品詳細を見る
 
聞き慣れない用語が満載ですが、分かってくるとおもしろいですよ~♪
この怪しいイラストも魅力的!
わたしはこの本に文鳥ブックカバーをかけてます。



つづく。







C

omment


ブログ内検索