cotorism. うちの文鳥・ハクとサクと、ときどき どうでもいいハナシ。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

はま煎茶

Author:はま煎茶
・白文鳥 ハク♀。
・桜文鳥 サク♂。
この初夏('17)で
ハクはなんと11歳を迎えました*
ケンカの相手がいなくなりちょっぴり寂しいですが、たまに煎茶を突いて憂さをはらしてます。
すっかり縁側の日向ぼっこが似合う文鳥です。

サクは 2016.8.21 に 天使文鳥になりました。
10歳3ヶ月でした。
かわいがってくださった方々ありがとうございました。

・世話人 煎茶♀。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ことりリンク
FC2カウンター
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことりの気持ち。


  威嚇中のハク☆ 勝率20%のサク★



P2230768.jpg




こうやってなにげに毎日繰り広げられるケンカも、
時にはハッとするほど危険に感じるときがあります。

こういったケンカは【ストレス発散になることもある】らしいので、
しばらくは放っておくのですが、お互いの嘴(くちばし)にかぶりついて
離さないようであれば、世話人の私が「コラッ!」と優しく(?)止めに入ります。
「コラッ!」と口にするのが私の日課でもあります。

で、
彼らはカゴが狭いのかなんなのか、全く分かりませんが
いつでもどこでも(放鳥時でも)「ぎゃるるるるるっ…」と始まるわけです。

ある日、あんまりうるさいのでハクだけをカゴの外に出しました。
離れていれば落ち着くだろう、という私世話人の配慮です。

   


P1150593.jpg P1150591.jpg

なのに・・・

ハクはサクの元に「てててっ」と駆け寄ります。

サクは、カゴの中にハクがいないことに気づき
ハクの側にドサっと舞い降ります(舞い落ちる?)。
(右の写真:エサの容器の向こうにサクがいます)

そしてお互い「ピピッ! ピピピッ!!」と、その存在を確認しあうように
鳴いて、その場を離れません。


どういうことだろう・・・・・


しばらくはそのままの状態で見ていたんですが、
なんか私が二人の仲を引き裂くイジワルなやつみたいになってきて、
心苦しくなってきたところで、ハクをカゴへと帰還させます。

入れた途端、ハクもサクも「ピピピピピピピ……(歓喜)」の声!

なのに・・・

ものの数分で再び「ぎゃるるるるる…!」と始まります。


分からん、分からんぞ、鳥の気持ち!

「犬のきもち」「猫のきもち」・・・・・

「ことりのきもち」も創刊してください! ベネッ○!



  おまけ☆
P2220762.jpg

 
 夜の日課のハク威嚇姿☆
 隠し撮りです。
(実はこの後ろ姿がたまらなく好きな私



P2220761.jpg
 
 きゃ、ハクに見つかった!(私が…)







C

omment

見つけました♪
某SNSでお世話になってます。
ayaです。
はま茶さん、みっつけ~。
うれし~。
お写真、あいかわらず、素敵です。
リンクさせていただきました。
よろしくお願いします。
忙しくって、全部は、拝見できてないですが、ゆっくり拝見させていただきますね☆

aya URL | 2007/03/11 10:36 [ 編集 ]


ayaさん、こんにちは~☆
見つけてくださってありがとうございます!
写真もお褒めいただいてうれしいです。
まだまだ始めたばかりで、カタカナ用語も今ひとつ理解しきってない私ですが、これからも続けていきます。
ayaさんのブログも夫婦で楽しんで見ているんですよ。これからもよろしくお願いしまーす☆

はま煎茶 URL | 2007/03/11 13:18 [ 編集 ]


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。